文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

途上国の障害女性・障害児の貧困削減――数的データによる確認と実証分析――

研究双書

No.636

途上国の脆弱層のなかでも、国際的にも関心の高い障害女性と障害児について、フィリピン、インド、インドネシアの三カ国を取り上げ、公開データや独自の数的データを用いて、彼らの貧困について実証的に分析する。

途上国の障害女性・障害児の貧困削減――数的データによる確認と実証分析――

■ 途上国の障害女性・障害児の貧困削減――数的データによる確認と実証分析――
森 壮也
■ 3,456円(本体価格 3,200円)
■ A5判
■ 199pp
■ 2018年3月
■ ISBN978-4-258-04636-2

全国の書店およびオンライン書店でお求めになれます。

CONTENTS

はじめに――持続可能な開発目標と障害生計調査――
第1節 障害女性と障害児
第2節 国際的な場面における障害女性と障害児の取り扱いと統計データの問題
第3節 本書の構成
おわりに

はじめに
第1節 障害統計に関する国連の取り組み
第2節 障害統計に関するワシントン・グループ
第3節 開発アジェンダにおける障害
おわりに

はじめに
第1節 障害者に関する個票データ
第2節 障害女性の分析
第3節 障害児の分析
おわりに

はじめに
第1節 障害女性に関する統計
第2節 先行研究が示すインドの障害女性
第3節 国勢調査が明らかにする障害女性
第4節 集計データを用いた因果関係の探索と障害女性に関するインドの「障害の社会モデル」
おわりに

はじめに
第1節 障害児教育への取り組みと成果
第2節 障害児の就学――2002年全国標本調査の分析――
おわりに

はじめに
第1節 フィリピン中南部ヴィサヤ地方における障害者
第2節 障害女性と障害児のいる家計の調査(記述統計分析)
第3節 障害女性と障害児のいる家計の調査(教育水準についての実証分析)
おわりに