文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

ラテンアメリカの農業・食料部門の発展 ――バリューチェーンの統合――

研究双書

No.627

資源ブーム後のラテンアメリカ経済の成長を牽引する部門として期待されているのが農業・食料部門である。先進国向けの生鮮野菜や果物の輸出が増えているだけでなく、国内では新興中間層を対象としたスーパーマーケットやフードサービス向けの供給が増えている。本書は、主にペルーの輸出向け青果物やブロイラーを事例として、農業・食料部門におけるバリューチェーンの統合が、生産性の向上と付加価値の増大につながることを示す。

■ ラテンアメリカの農業・食料部門の発展 ――バリューチェーンの統合――
清水 達也  著
■ 2,700円(本体価格 2,500円)
■ A5判
■ 200pp
■ 2017年3月
■ ISBN978-4-258-04627-0

全国の書店およびオンライン書店でお求めになれます。

CONTENTS

はじめに
第1節 農業部門の研究
第2節 ペルー農業の特徴
第3節 本書の構成

はじめに
第1節 経済主体間の調整
第2節 農業部門のバリューチェーン

はじめに
第1節 国際市場の需給構造
第2節 缶詰アスパラガス輸出の展開
第3節 生鮮アスパラガス輸出の展開
アグリビジネスによる統合
おわりに

はじめに
第1節 青果物輸出の増加
第2節 輸出用青果物の多様化
第3節 植物検疫体制の整備
おわりに

はじめに
第1節 伝統的な流通チャネル
第2節 生産拡大と需要の変化
第3節 スーパーマーケットの流通チャネル
おわりに

はじめに
第1節 産業構造と統合の進展
第2節 3カ国のインテグレーション
第3節 統合の範囲と取引形態
おわりに

はじめに
第1節 需給拡大と産業の成長
第2節 ブロイラ一流通の特徴
第3節 インテグレーションの規定要因
おわりに