文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

「人身取引」問題の学際的研究 ――法学・経済学・国際関係の観点から――

研究双書

No.624

人身取引問題は開発問題の底辺にある問題である。国際的アジェンダとなった人身取引問題という事象を、法学、経済学、国際関係論という複数のアプローチから包括的かつ多角的に分析する。

■ 「人身取引」問題の学際的研究 ――法学・経済学・国際関係の観点から――
山田 美和  編
■ 2,310円(本体価格 2,100円)
■ A5判
■ 164pp
■ 2016年3月
■ ISBN978-4-258-04624-9

全国の書店およびオンライン書店でお求めになれます。

CONTENTS

問題の所在
第1節 「人身取引」問題とは何か
第2節 「人身取引」問題の研究
第3節 「人身取引」問題への学際的アプローチ

はじめに
第1節 パレルモ議定書の定義
第2節 パレルモ議定書と移民労働の関係
第3節 「人権とビジネス」のディスコース展開の併走――サプライチェーンと人身取引――
おわりに

はじめに
第1節 マクロ分析――人身取引を把握できるのか・国々はどう対応しているか――
第2節 ミクロ分析――人身取引のプロセスと理論的分析――
第3節 ミクロ実証分析
おわりに

はじめに
第1節 先行研究整理、本章の分析視角と課題
第2節 東南アジアにおける人身取引問題の位相
第3節 ASEANにおける人身取引問題の位相
第4節 メコン地域における人身取引問題の位相
おわりに

英文テキスト
和文テキスト(訳文)