文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス

研究双書

基礎研究成果をとりまとめた途上国研究専門書。

2019年

途上国における農業経営の変革

No.640

『途上国における農業経営の変革』
清水 達也 編 / 4,070円(本体価格 3,700円) / 2019年3月発行 / ISBN978-4-258-04640-9
途上国の農業部門では、土地の売買や賃貸借、農作業の機械化や受委託、知識集約的な投入財や栽培技術の導入、生産から販売までの統合など、数々の変化が起きている。これに対応するために、外部から資本や労働力などの経営資源を積極的に導入し、経営規模を拡大してダイナミックな成長を遂げる農業経営体が現れている。家族経営を越えた新しい農業経営の形となりえるのか、アジアやラテンアメリカの事例研究を通して考える。

中台関係のダイナミズムと台湾

No.639

『中台関係のダイナミズムと台湾――馬英九政権期の展開――』
川上 桃子松本 はる香 編 / 3,960円(本体価格 3,600円) / 2019年3月発行 / ISBN978-4-258-04639-3
中国との葛藤に満ちた関係は、台湾の政治と経済にどのようなインパクトをもたらしているのか?馬英九政権期(2008~16年)の分析を通じて、中台関係の展開と台湾の構造変動を探る。

資源環境政策の形成過程――「初期」の制度と組織を中心に――

No.638

『資源環境政策の形成過程――「初期」の制度と組織を中心に――』
寺尾 忠能 編 / 3,190円(本体価格 2,900円) / 2019年3月発行 / ISBN978-4-258-04638-6
資源環境政策は「後発の公共政策」であり、その形成過程は既存の経済開発政策の影響を受け、強い経路依存性を持つ。発展段階が異なる諸地域で資源環境政策の形成過程をとりあげてその「初期」に着目し、そこで直面した困難と内在した問題点を分析する。

メキシコの21世紀

No.637

『メキシコの21世紀』
星野 妙子 編 / 4,400円(本体価格 4,000円) / 2019年2月発行 / ISBN978-4-258-04637-9
激動のとば口にあるメキシコ。長年にわたる改革にもかかわらず、なぜ豊かで安定した国になれないのか。その理由を、背反する政治と経済と社会の論理のせめぎ合いの構図に探る。