文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

チャベス政権下のベネズエラ  

アジ研選書

No.43

南米急進左派の急先鋒チャベス政権の14年間はベネズエラにとってどのような意味をもつのか。また彼が推進したボリバル革命とは何なのか。政治、社会、経済、外交の諸側面からその実態をさぐる。

■ チャベス政権下のベネズエラ
坂口 安紀 編
■ 3,348円(本体価格 3,100円)
■ A5判
■ 245pp
■ 2016年2月24日
■ ISBN978-4-258-29043-7

全国の書店およびオンライン書店でお求めになれます。

CONTENTS

序章 / 坂口 安紀

はじめに
第1節 チャベス政権の14年
第2節 チャベス大統領の政治思想の源泉
第3節 本書の構成と特徴

はじめに
第1節 チャベス政権下の政治制度改革と政治変化
第2節 新たな政治社会アクター
むすび

第2章 民主主義と政治参加の変容 / エクトル・ブリセニョ

はじめに
第1節 民主主義概念についての整理
第2節 ベネズエラにおける参加民主主義
第3節 1999年憲法からの逸脱――参加民主主義から大衆民主主義へ――
第4節 政治参加と社会抗議デモ
むすび

第3章 ボリバル革命の柱、社会政策ミシオン / ホルヘ・ディアス・ポランコ

はじめに
第1節 ミシオンとは
第2節 医療ミシオン
第3節 医療以外の社会開発ミシオン
むすび

はじめに
第1節 チャベス政権誕生と反ネオリベラリズム再考
第2節 チャベス政権の経済政策の変遷
第3節 チャベス政権の経済政策とマクロ経済へのインパクト
第4節 チャベス政権下の石油産業
むすび

はじめに
第1節 チャベス外交への視点
第2節 反米外交への転換とALBA、PETROCARIBEの構築
第3節 ALBAとPETROCARIBEが地域国際関係に与えた影響
第4節 ラテンアメリカの新しい地域主義とチャベス外交
第5節 チャベス外交の成果と限界
むすび

終 章 / 坂口 安紀

第1節 本書の総括
第2節 ベネズエラの現状と社会主義