文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
図書館

アジア経済研究所図書館は、開発途上地域の経済、政治、社会等を中心とする諸分野の学術的文献、
基礎資料、及び最新の新聞・雑誌を所蔵する専門図書館です。どなたでもご利用になれます。

【開館時間】10:00~17:30(要予約)※予約方法はこちら
【電話番号】043-299-9716

【休館日】第2・4・5土曜、日曜
祝日、月末、年末年始

【最寄駅】
京葉線JR海浜幕張駅 徒歩10分

中東・北アフリカ・中央アジア

レバノン・アメリカン大学図書館

図書館名

Lebanese American University(LAU), The Riyad Nassar Library

設立年

1934 (LAUの前身であるthe American Junior College for Womenのコレクションとして設立)

蔵書数

約225000

主な資料

全分野

住所

_

電話

_

FAX

_

Email

http://www.lau.edu.lb/libraries/staff.php にスタッフのEmailアドレスの一覧有。

Website

http://www.lau.edu.lb/libraries/

開館時間

http://www.lau.edu.lb/libraries/hours.php 参照のこと。

休館日

日・祝

利用手続き

利用は無料。利用許可の取得不要。

貸借

部外者は不可。

複写

Lobby Floreの自販機でコピーカードを購入できる。5000レバノン・リラで100枚コピーできる。

検索

カード、DB、OPACの有無。雑誌記事の検索の有無。レファレンス・ライブラリアンの有無。

配架

開架式。閉架式。

持ち込み

特に制限なし。閲覧机には電源有。

出版物

_

その他

LAUはベイルート・キャンパスとビブロス・キャンパスに分かれており、The Riyad Nassar Library (Beirut campus)とThe Byblos Library(The Byblos campus)がある。またビブロス・キャンパスにはThe Gibran Khalil Gibran Libraryを設立予定である。ベイルート・キャンパス自体は、政情不安のためもあり部外者に対するチェックが厳しく、訪問先の許可がないとキャンパスに入ることが出来ない状態だが、図書館はキャンパスとは道路で隔てられており、まったくチェックなしで誰でも入館できる状態になっている。貸借は出来ないが、部外者でも閲覧とコピーサービス(セルフコピー)は自由に利用でき、広くて設備の整った閲覧室には各階にコピー機、OPAC端末があり、職員も常駐しており、非常に使いやすい。ベイルート・アメリカン大学図書館に比べると、簡便に利用できるので便利である。