skip to contents.

研究者の紹介

山形 辰史 YAMAGATA Tatsufumi

山形 辰史
国際交流・研修室 国際交流・研修室長, 開発スクール(IDEAS)事務局長


専門分野:
開発経済学、バングラデシュ経済、繊維産業、保健と開発、障害と開発

研究者インタビュー:「途上国に還元できる研究を目指して

略歴

学歴
1986年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
1988年3月 慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了 経済学修士
1996年5月 ロチェスター大学経済学修士号取得
2000年3月 ロチェスター大学経済学博士号取得

職歴
アジア経済研究所における役職歴
1988年4月 アジア経済研究所入所
1992年8月 海外派遣員(米国:ロチェスター大学経済学部博士課程)
1999年1月-2000年5月 海外派遣員(米国:ロチェスター大学経済学部博士課程)
2000年1月 海外調査員(バングラデシュ開発研究所客員研究員)
2012年4月 国際交流・研修室長 兼 開発スクール事務局長(現在に至る)

その他
その他職歴
2001年4月-2002年3月 津田塾大学学芸学部国際関係学科非常勤講師(国際開発論)
2001年6月 Global Development NetworkのGlobal Research Projectに関する External Resource Person
2002年4月-2012年3月 東北公益文科大学公益学部非常勤講師(難民問題と外国人労働者)
2003年4月-2004年3月 早稲田大学社会科学部非常勤講師。(経済発展論[学部]、アジア経済論[大学院])
2004年1月-2005年12月 国際協力機構「貧困削減と人間の安全保障」研究会委員
2004年8月-2005年3月 外務省「バングラデシュ国別援助評価」監修者
2004年9月-2006年5月 外務省「対バングラデシュ国別援助計画」東京タスクフォース主査
2004年12月-2005年5月 外務省「保健医療分野におけるODA政策有識者会議」委員
2005年4月-2006年3月 財務省委託(国際金融情報センター主催)「MDBs研究会」共同世話人
2005年11月—現在 国際開発学会理事 window_open
2006年4月-2010年3月 外務省ODA評価委員 window_open
2008年10月-現在 日本学術会議連携会員 window_open
2011年7月-2012年3月 外務省「ODA評価:貿易のための援助」 window_open評価主任
2012年9月-同年12月 International Consultant for Industrial Development Report 2013, United Nations Industrial Development Organization (UNIDO)
2014年7月-現在 外務省「ODA評価:保健関連ミレニアム開発目標(MDGs)達成に向けた日本の取組の評価」評価主任
2014年11月—現在 国際開発学会副会長 window_open

主な著作

日本語(エッセイ)

主な著作

日本語(研究)
英語

その他

E-mail
tatsufumi_yamagata
E-mail