文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究者のご紹介

江藤 名保子

江藤 名保子 ETO Naoko

地域研究センター 東アジア研究グループ

専門分野:
中国政治 日中関係 東アジア国際関係

略歴

学歴
1999年 慶應義塾大学経済学部卒業
2001年 スタンフォード大学国際政治研究科修了(MA)
2009年 慶應義塾大学法学研究科政治学専攻単位取得退学
2013年 博士(法学)

職歴

2004年9月-2005年7月 北京大学国際関係学院 訪問研究員
2009年-2014年 大学共同利用機関法人人間文化研究機構地域研究推進センターおよび慶應義塾大学東アジア研究所・現代中国研究センター 研究員
2015年 アジア経済研究所入所

主な著作

著作
  <単著>
  • 『中国ナショナリズムのなかの日本——「愛国主義」の変容と歴史認識問題』勁草書房、2014。
  <共著(日本語)>
  • 高橋伸夫編(2015)『現代中国政治研究ハンドブック』慶應義塾大学出版会。
  • 国分良成、小嶋華津子編(2013)『現代中国政治外交の原点』慶應義塾大学出版会。
  • 高原明生、服部龍二編(2012)『日中関係40年史1972-2012 I 政治篇』東京大学出版会。
  • 添谷芳秀編(2011)『現代中国外交の六十年——変化と持続』慶應義塾大学出版会。
  <共著(中国語)>
  • 「愛國主義」再検討——以統一戦線論之理論為中心」謝政諭、高橋伸夫、黄英哲編(2014)『東亜地区的合作与和平』前衛出版社。
  • 「第一次教科書問題(1979-1982)」高原明生・服部龍二編、歩平・王新生査校(2014)『日中関係40年史1972‐2012 I 政治篇』社会科学文献出版社。
  <編集>
  • 栗山尚一著、服部龍二、中島琢磨、江藤名保子編(2010)『外交証言録 沖縄返還・日中国交正常化・日米「密約」』岩波書店。
  <翻訳>
  • 楊大慶「1950年代における戦争記憶と浅い和解」劉潔、川島真編(2013)『対立と共存の歴史認識——日中関係150年』東京大学出版会。
研究論文
  • 「習近平政権の世論対策に内在するジレンマ」日本国際問題研究所『中国の国内情勢と対外政策』2017年。
  • 「中国の公定ナショナリズムにおける反『西洋』のダイナミズム」『アジア研究』第61巻第4号、2015年10月(『中国関係論説資料』57-1上、2017年に転載)。
  • 博士論文「現代中国における『愛国主義』と対日政策——日中歴史問題にみる内政と外交のリンケージ」慶應義塾大学法学研究科、2013年11月学位取得。
  • 「日中関係における歴史認識問題の源泉——1982年歴史教科書問題の分析を中心に」慶應義塾大学法学研究科編『法学政治学論究』80号、2009年3月。
  • 「80年代中国の対日批判に関する試論——『独立自主』外交における『軍国主義復活』批判の構造」社団法人国際情勢研究会『国際情勢紀要』第79号、2009年2月。
  • 「中国の対外戦略と日中平和友好条約」日本国際政治学会編『国際政治』152、2008年3月。
  • 「東アジアにおける米中協調に関する試論——1978年から82年にかけての対北朝鮮政策をケースに」社団法人国際情勢研究会『国際情勢紀要』第78号、2008年2月。
論考・エッセイ等

その他

研究報告
  • 「習近平政権における思想統制の方策」JIIAシンポジウム「国際秩序動揺期における米中の動勢と米中関係」(国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール)2016年2月24日。
  • 「ナショナル・アイデンティティと日中関係」2015年度現代中国地域研究プログラム国際シンポジウム(名古屋大学)、2016年2月21日。
  • “National Identity Defined by Current Leaders”, The Third China-Japan Young Leaders Forum (organized by Center on Asia and Globalization, Lee Kuan Yew School of Public Policy, National University of Singapore)、北京(中国)、2015年11月28日。
  • “Dynamics of China’s Official Nationalism and Disputes over the History Issue with Japan”, Southern Political Science Association(SPSA)(ニューオーリンズ)、2015年1月16日。
  • 「改革開放に埋め込まれた中国ナショナリズム」アジア政経学会2014年度西日本大会(京都大学)、2014年11月29日。
  • 「第1次教科書問題(1982年)の政治過程」西南交通大学鄧小平研究所主催国際シンポジウム「鄧小平時代的日中関係」(成都・中国)2014年8月14日。
  • 「中国のナショナリズムと対日・対台湾政策」東呉大学人文社会学院・慶應義塾大学東アジア研究所・早稲田大学アジア研究機構共催国際シンポジウム「東アジア地域の協力と平和」(慶應義塾大学G-SEC Lab)2014年6月28日。
  • 「歴史教科書問題からみる中国の対日認識——1982年の政策決定との比較」国際際シンポジウム「日中歴史研究者フォーラム」(慶應義塾大学G-SEC Lab)2008年12月7日。
  • 「日中関係における歴史認識問題の発生メカニズム——1982年教科書問題の分析を中心に」日本国際政治学会2008年度全国大会(つくば国際会議場)、2008年10月24日。
所属学会

日本国際政治学会、日本比較政治学会、アジア政経学会