skip to contents.

工業化

より深く知りたい人のために

工業化の担い手及び関連する議論について包括的に理解しようとするならば、次の文献から読み始めることをお勧めします。
  • 末廣昭[2000]『キャッチアップ型工業化論-アジア経済の軌跡と展望-』名古屋大学出版会
本文中で取り上げた文献は次の通りです。
  • 絵所秀紀[1991]『開発経済学-形成と展開-』法政大学出版局
  • 世界銀行(海外経済協力基金開発問題研究会訳)[1994]『東アジアの奇跡-経済成長と政府の役割-』東洋経済新報社
  • 服部民夫・佐藤幸人編[1996]『韓国・台湾の発展メカニズム』(研究双書464)アジア経済研究所
  • 星野妙子編[2004] 『ファミリービジネスの経営と革新-アジアとラテンアメリカ-』(研究双書538)アジア経済研究所
  • 星野妙子編・末廣昭編[2006]『ファミリービジネスのトップマネジメント』岩波書店
  • Amsden, H. Alice. [1989]. Asia’s Next Giant: South Korea and Late Industrialization. New York: Oxford University Press.
  • Amsden, H. Alice. [2001]. The Rise of the Rest: Challenges to the West from Late-industrializing Economies. Oxford: Oxford University Press.
  • Evans, Peter. [1979]. Dependent Development: The Alliance of Multinational State, and Local Capital in Brazil. Princeton: Princeton University Press.
  • Gerschenkron, Alexander. [1962]. Economic Backwardness in Historical Perspective. Cambridge: Harvard University Press.(絵所秀紀ほか訳『後発工業国の経済史—キャッチアップ型工業化論-』ミネルヴァ書房)
  • Wade, Robert. [1990]. Governing the Market: Economic Theory and the Role of Government in East Asian Industrialization. Princeton: Princeton University Press.(長尾伸一ほか訳『東アジア資本主義の政治経済学』同文館)
このほか、次のような文献が参考になるでしょう。
  • 小池洋一・西島章次編[1997]『市場と政府-ラテンアメリカの新たな開発枠組み-』(研究双書482)アジア経済研究所
  • 世界銀行(海外経済協力基金開発問題研究会訳)[1997]『世界開発報告1997-開発における国家の役割-』東洋経済新報社
  • 服部民夫[1988]『韓国の経営発展』文眞堂
  • 原洋之介 [1994]『東南アジア諸国の経済発展-開発主義的政策体系と社会の対応』リブロポート
  • Evans, Peter. [1995]. Embedded Autonomy: States and Industrial Transformation. Princeton: Princeton University Press.
  • Evans, Peter., D. Rueschemyer and T. Skocpol ed. [1985]. Bringing the State Back in. Cambridge: Cambridge University Press.
  • Hobday, Michel. [1995]. Innovation in East Asia: The Challenge to Japan. Northampton: Edward Elger.
  • Schmitz, H. & K. Nadvi eds. [1999].”Special Issue: Industrial Clusters in Developing countries.” World Development. 27 (9).
  • Suehiro, Akira. [1989]. Capital Accumulation in Thailand 1855-1985. Tokyo: UNESCO Center for East Asian Cultural Studies.