skip to contents.

ブラジル経済レポート 2004年11月

ブラジル経済レポート

ブラジル

浜口伸明氏 神戸大学経済経営研究所
PDFpdf(229KB)
2004年11月
外交  ▼政治  ▼経済  

外交

11月はサンチアゴでAPEC首脳会議が開催されるのを機に、中国、韓国、ベトナム、ロシアの各国首脳が相次いでブラジルを訪問するという、外交での目立った動きがあった。ブラジルの国際的な認知度の高まりをあらわしている。

その中でもっとも注目を集めたのは中国・胡錦濤国家主席の訪伯であった。昨年、中国とブラジルの貿易総額は80億ドルに達し、中国のブラジル製品の輸入額が60億ドルに達した。現在、中国はブラジルにとって3番目の輸出市場となっている。今年1-9月のブラジルの対中国輸出額は66億ドルとなり、前年同期に比べ50%以上増加した。そのほとんどは鉄鉱石と大豆が占めており、ブラジルはこれを牛肉や鶏肉などの他の農産品に拡大することで、さらに輸出を増加できるものと期待している。ブラジリアにおいてルーラ大統領は大統領専用のトルト農園でシュラスコを振舞う格別の歓待を見せた。

貿易関係のみならず、中国のブラジル・インフラ事業への投資は今後100億ドル規模に上るだろうと期待されている。なかでもリオと東北地方を結ぶ天然ガスパイプラインのプロジェクトは日本の商社が強い関心を示していたところであったが、今回「現時点でより戦略的にブラジルを見ている中国を優先する政治的判断によって」(Estado de Sao Paulo, 11月13日)、中国国営石油公社Sinopecが受注することになった。

今回両国政府の間で調印された両国協力文書の主なものは(1)犯罪者引渡条約(2)組織的犯罪共同取締に関する協力合意(3)すでに存在する宇宙空間の平和利用と科学技術協力の枠組み合意の補足議定書(4)産業協力(5)検疫・衛生環境議定書(6)中国団体観光旅行団がブラジルを旅行する上での合意書などである。産業協力の内容は、とくに金属、鉱業(鉄鉱石、ボーキサイト、銅など)、燃料用アルコール、農産物加工、建設、情報産業、バイオ産業、航空・宇宙産業における情報交換と技術協力、鉱業・金属産業での投資の相互促進、エタノール産業協力の作業部会の設立である。検疫関連では、ブラジルから中国に輸出される鶏肉・牛肉の検査の取り決めと、中国からブラジルに輸出される熱処理された鶏肉と豚肉の検査の取り決めが結ばれた。これによって今後ブラジルから中国への食肉輸出が可能になった。

胡錦濤国家主席はブラジリアを発った後、リオで中国人コミュニティと交流し、サンパウロでは国立宇宙研究所とエンブラエル社を見学した。1988年7月にブラジルと中国は地球資源衛星の共同開発に関する合意を結び、すでに2基の衛星打ち上げに成功している。エンブラエル社はブラジル最大の航空機メーカーで、2002年に中国航空科技工業傘下のハルビン航空機グループと合弁会社を設立している。同社が製造した航空機はすでに四川省成都を拠点とする四川航空と、広州の中国南方航空で就航している。エンブラエルはロシアにも進出するよう誘致を受けているとのことである。

中国にとって今回の訪伯の最大のポイントは、ブラジルに中国の市場経済国としての地位を承認させたことであった(その後アルゼンチンも承認)。 中国にとってWTO加盟が本当に意味を持つためには「市場経済国」として国際的に認定されることが悲願である。2004年に最も多く主要新聞に登場した言葉として流行語大賞(北京大学言語学研究所)にも上げられている。すでに東南アジア・オセアニア諸国や南アフリカなどが中国を市場経済国として認定してが、日本、アメリカ、EUは中国では物価に対する統制が相当残っていることを理由にして未だ認定していない(ロシアはすでに認定されている)。このためWTOルール上、アンチダンピングや報復措置が取りやすい体制になっている。今回中国を市場経済国として認定したルーラ政権に対して、製造業部門の一部からは市場を保護する手段を放棄したと批判の声が上がっている。

ブラジルの後、胡錦濤国家主席はアルゼンチンを訪問し、鉄道、道路、石油開発、などに200億ドルの投資を行うと表明したと報道されている。チリとの間では中国はすでに自由貿易協定の可能性についての共同研究を終え、APEC首脳会議の際に交渉開始を宣言することになっている。メルコスルとの間では、中国はパラグアイと国交が無いため、FTA交渉は今のところ現実的でない。

韓国の盧武鉉大統領はブラジル訪問に先立ってアルゼンチンを訪問し、韓国—メルコスルFTAの交渉を提案し、共同研究を開始することとなった。アルゼンチンとの二国間では韓国輸出入銀行からバンコ・ナシオナル・アルヘンティナへの3000万ドルのツーステップローンを供与すると発表した。国債のデフォルト問題が解決していないアルゼンチンにとってはありがたいところである。さらに韓国・アルゼンチン両国は相互に最特恵待遇を与える経済貿易協力協定を結ぶとともに、資源と情報技術の分野で協力関係を深めることを確認した。このあとブラジルを訪問し、ルーラ大統領と会談した。互いに似たような政治経歴を持つ二人の間で意気投合したが、盧武鉉大統領はブラジルが国連安保理事会の常任理事に立候補することへの支持を与えなかったため、ブラジルとしては思惑が外れた。民間ベースでは、エネルギー分野の協定が結ばれ、ブラジルでの電力分野での共同事業の検討やSKグループの石油事業とペトロブラスの間で共同事業の検討が行われることになった。リオドセはPOSCOとの間で今後10年間の鉄鉱石輸出協定を結び、LGグループとも研究開発での協力を進めることで合意した。

このほかには、ベトナムのトラン・ドク・ヌオン大統領とロシアのプーチン大統領もブラジルを訪問した。

11月始めには、リオグループの首脳会議が開催されたが、その際にペルーのトレド大統領とルーラ大統領の間で、アクレ州および中西部の数地点とペルーのイロ、マタラニ、サン・フアンの港を結ぶ街道を建設する合意が結ばれた。この経路ができればブラジル内陸の穀倉地帯から太平洋に抜ける輸出回廊が開かれることになる。このプロジェクトの費用は7億ドルと見積もられていて、来年1月に国際入札が行われる。

政治

統一地方選挙後の閣僚交代はカーニバル前の1月末から2月始めと見られていたが、すでにいくつかの閣僚級ポストの交代が行われている。11月初旬にヴィエガス防衛大臣が辞任し、アレンカール副大統領が兼任している。ヴィエガス氏は軍部との関係が悪化したため、事実上更迭された。予算規模でほぼ世界銀行と並ぶ規模とならんで開発金融機関として世界最大になりつつあるBNDESでは、カルロス・レッサ総裁が更迭された。彼は中銀総裁、開発大臣との意見対立が続いていた。後任はギド・マンテガ計画大臣。マンテガ新総裁は就任の記者会見で、レッサ前総裁の政策的指向により偏り、滞りがちであった融資の実行を迅速化することと、レッサ氏のブレインとしてナショナリスティックな路線を強めたダルキ・コスタ副総裁の解任を表明した。計画大臣のポストは暫定的にネルソン・マシャド副大臣が就任する。さらに、カセビ・ブラジル銀行頭取が辞表を提出し、パロッシ財務大臣に受理された。彼は最近公費の不正使用の実態がマスコミにリークされるようになっていたが、背景には労働者党系の銀行幹部との軋轢があったといわれる。これらは予定されていた閣僚の改造とは異なる予想外の事態で、結果的に政権チームの再編が早まるのではないかとされている。

国会審議の焦点は、ルーラ政権が社会資本整備に民間資本を活用する目的で提案している官民共同事業法案(PPP)で、11月後半現在、上院本会議前の専門委員会での審議が続いている。争点となっているのは、州政府の支出の裁量権をどこまで認めるかという点である。現在財政責任法の下で均衡財政が義務付けられており公共事業の実施が極めて制限されている。PPPを財政責任法の枠外として柔軟に運用するように州知事側は要請しているが、州の財政の緩みを懸念する財務省の方針で押し切られる形で、投資促進も均衡予算を義務付ける財政責任法の枠内で行わなければならない原則は崩れていない。もっとも抵抗が強いのは、PPPで実施される各州のプロジェクトは全て財務省の歳入局のチェックを受けなければならないという点である。これは連邦政府の過剰な介入を招き、政治リスクを高めることから、民間の参入を阻害する要因となる。このほかにも、全投資額の30%以上は民間資金でなくてはならない(年金基金が参加するときは20%)こと、またPPPへの投資は州の予算の1%未満としなければならないこと、州が債務の繰り延べを申請した際にはPPPの契約を連邦政府が再検査することなどが盛り込まれており、1%の上限規制があっては何も出来ない、と州側からの反発を招いている。また、法案ではPPPのプロジェクトの規模は2000万レアルを下限としているが、小規模な市の事情を考えて、この点については今後修正が加えられる可能性がある。法案は11月18日に上院の経済委員会で承認され、憲法審査会を経て、上院本会議で可決される見込みである。

経済

月央に発表されるサンパウロ大学経済研究所とジェトゥリオ・バルガス財団の物価指数は、いずれも月率0.6%以上で、しかも上昇基調にあることが判明した。これは主に10月15日にペトロブラスが4%の元売価格引き上げを行った影響によるガソリン価格の上昇と鉄鋼価格の上昇の影響を受けたものである。中央銀行金融政策委員会(COPOM)は短期金利SELIC誘導目標を0.5%ポイント引き上げて17.25%とし、昨年12月に1%ポイント引き下げて16.5%として以来最も高い水準になった。現在今年のインフレ率の予想が政府目標の中央値5.5%を上回る6%弱の水準にあるために、今月も引き続き金利が引き上げられることは予想されていた。今後も原油価格や為替の動向を睨んでインフレの抑制を第一に置いた金融政策がとられることになるが、12月に17.5%までもう一段金利の引き上げを行う必要があるのではないかという見方が有力である。ペトロブラスはクリスマスからカーニバルまでの休暇シーズン中にもう一度ガソリン元売価格の引き上げを行うのではないかと予想されており、その物価への影響が懸念されることから、12月以降も金融引き締めが継続されるのは避けられないという見方は現実味がある。ガソリン価格は国際原油価格と混入されているアルコールの価格の両方の影響を受けていて、原油価格のみならずアルコール価格も上昇傾向にある。

今年第1四半期の決算報告以来自己資本比率の急激な悪化が認められていたサントス銀行は中央銀行が調査に乗り出していたが、債務超過に陥ったとの見方から預金流出が続いて流動性不足となったことから、旧経営陣が解任され、中銀の管理下に置かれた。政府は同行が運用している24億レアルの投資ファンド資金の引出しを30日間凍結する通達を出した。中銀はサントス銀行の売却を検討している。中央銀行は金利引き上げ局面でサントス銀行問題が中小規模銀行の信用不安につながらないように、法定準備率を引き下げ、流動性を拡大する政策を実施した。

今回の金利引上げを織り込んでドルを売る動きがあり、為替レートが1ドル=2.7レアル台にレアル高が進んだ。輸出は昨年を30%上回るペースで成長し(文末資料参照)、貿易黒字の拡大が続いていること(11月2週目までで293.5億ドル)、ドル安感が企業の海外資金調達を促進して外貨が流入してくること、中央銀行が外貨準備の積み増しとレアル高の調整を兼ねて外為市場にドル買い介入を行う噂が投機目的のドル売りを触発した、など様々な要因が報道されている。

IBGEの雇用統計によれば、工業部門雇用は9月も対前月比1%増加して、これで5ヶ月連続の増加を記録した。給与支払額および労働時間も前年に比べて増加している。9月の小売部門の販売額は昨年9月よりも8.87%多く、1~9月の累積額では昨年を9.32%上回る結果を残している。スーパーマーケットが9.69%、家電量販店が20.32%の売り上げ増を示している。こうした実体経済の底固さが、躊躇無く金融引締め調整を進められる背景となっている。言い換えれば、実体経済に不安がないことが、さらに金利引き上げが続くのではないかと予想する根拠になっている。

自動車産業は今年の生産規模予想が210万台、国内市場販売が150万台(10月までで126.8万台)の規模であるが、自動車工業会(ANFAVEA)はこのほど生産台数を270万台、国内販売を200万台に拡大0するというビジョンを打ちたて、政府に長期的視野に立った自動車産業政策を要請した。ルーラ大統領はリオデジャネイロ州でプジョー・シトロエンの新生産ライン立ち上げの記念式典に出席し、2005年に自動車関連の減税措置を講ずることと、そのために州政府との調整をおこなうことを示唆。その後フルラン開発大臣は低所得者に自動車購入を可能にするような税制上の措置を検討するという案を披露した。


(資料)輸出の動向
これまでも報告しているように、今年の輸出の成長は目覚しく、1~9月で対前年同月比33%の成長を遂げている。これを商品別に細かくあらわしたのが下の表である。大分類で多いものは、輸送機器、大豆、金属製品、食肉、化学製品、石油および派生品、機械器具、鉱石、といった順で並べることができるが、単品目では履物、砂糖、製紙用のセルロースなども無視することができない。去年から今年にかけて輸出額が増加した主要な品目の中では、コーヒー、大豆、石油および派生品、有機化学製品、鉄鋼製品、アルミ地金などは価格上昇の影響をより強く受けているのに対して、自動車、砂糖、紙・セルロース、衣料、無機化学製品、アルミ製品などでは輸出数量の貢献が大である。食肉、履物、木材、鉄鋼薄板、鉄鉱石、粗鋼・銑鉄については量・価格ともに上昇した。フローズン・オレンジジュース、カカオは価格の下落により、輸出の減少に見舞われている。ここ数年上昇傾向にあった携帯電話の輸出も落ち込みを見せているのは、内需の拡大によって輸出余力がなくなったためである(通信監督庁ANATELの調査によれば、ブラジルの携帯電話契約者は今年1~10月に1330万件増加し、昨年末よりも28.6%増加した。100人あたりの携帯電話保有台数はブラジリアで90人、リオデジャネイロで50人にのぼる)。一方で、エチレンアルコール、家具、石材の輸出量は急速に拡大している。
  2004年1~9月輸出額($) 構成比 対前年比変化率
重量(kg) $/トン
合計 70,278,048,244 100.00 33.13 19.07  
砂糖 1,827,021,945 2.60 23.96 29.86 -4.54
 粗糖 973,031,058 1.38 3.99 13.49 -8.37
 精糖 853,990,887 1.22 58.68 60.27 -0.99
カカオ 144,366,624 0.21 -12.57 4.11 -16.02
 カカオ豆 1,248,318 0.00 -43.14 -27.98 -21.05
 カカオ・マス 24,335,042 0.03 -45.58 -26.40 -26.06
 カカオ・バター 74,352,120 0.11 -2.73 2.31 -4.93
 カカオ粉 44,431,144 0.06 6.38 39.03 -23.48
コーヒー 1,391,444,140 1.98 30.39 -0.32 30.81
 コーヒー豆 1,182,582,830 1.68 29.06 -1.14 30.55
 インスタントコーヒー 208,861,310 0.30 38.50 17.51 17.86
履物・革製品 2,478,464,338 3.53 20.35 22.26 -1.56
 履物 1,411,238,660 2.01 17.81 6.97 10.14
 皮革 964,211,644 1.37 24.36 31.05 -5.10
 革製品 103,014,034 0.15 19.63 5.14 13.78
食肉 4,492,987,626 6.39 56.72 25.52 24.86
 牛生肉 1,442,068,401 2.05 88.39 51.90 24.02
 牛肉調製品 362,218,049 0.52 40.65 23.71 13.70
 鶏生肉 1,847,343,318 2.63 49.29 24.28 20.12
 鶏肉調製品 70,408,999 0.10 8.42 15.71 -6.30
 七面鳥生肉 155,037,616 0.22 52.65 20.80 26.37
 豚生肉 517,489,257 0.74 38.81 1.00 37.43
 その他の肉 98,421,986 0.14 46.64 18.50 23.75
石油および派生品 4,155,361,385 5.91 15.81 6.16 9.09
 ガソリン 411,144,418 0.59 3.95 -23.96 36.70
 航空機燃料 970,839,223 1.38 14.64 7.38 6.77
 燃料油 801,120,474 1.14 0.97 9.45 -7.75
 潤滑油 24,643,116 0.04 -5.99 -23.83 23.42
 原油 1,914,650,851 2.72 30.12 9.83 18.47
 その他石油派生品 32,963,303 0.05 -39.75 -15.47 -28.72
タバコ 1,033,562,837 1.47 14.21 8.86 4.91
 タバコ葉 997,884,737 1.42 13.88 8.41 5.04
 巻きタバコ 13,097,435 0.02 7.07 5.73 1.27
 タバコ葉加工品 22,335,367 0.03 36.94 38.45 -1.09
 その他タバコ製品 245,298 0.00 26.06 58.08 -20.25
木材・木材製品 2,232,536,534 3.18 54.96 30.16 19.06
 合板 682,196,319 0.97 73.37 36.07 27.41
 ラミネートしたもの 37,126,173 0.05 29.77 7.67 20.53
 製材 607,647,906 0.86 32.63 16.81 13.55
 家具 317,549,420 0.45 77.95 48.16 20.11
 木繊維やチップを成型したパネル 119,545,271 0.17 38.21 19.65 15.51
 その他木製品 468,471,445 0.67 58.55 42.11 11.57
機械器具 3,968,753,391 5.65 48.76 40.49 5.88
 コンプレッサー 737,276,499 1.05 25.24 13.25 10.59
 コンピューターと周辺機器 203,045,247 0.29 24.91 8.10 15.56
 エアコン 75,816,713 0.11 10.46 4.52 5.69
 縫製機械 24,762,136 0.04 -32.05 -40.68 14.55
 エレベーター・リフト 137,615,743 0.20 55.31 35.21 14.87
 トラクター以外の農業機械 351,815,271 0.50 71.06 47.03 16.35
 充填機 42,997,846 0.06 12.59 -4.73 18.17
 木セルロース・紙製造用機械 86,114,045 0.12 87.79 122.96 -15.78
 掘削・地ならし用機械 669,800,443 0.95 113.12 110.82 1.09
 冷凍冷蔵装置 260,627,024 0.37 72.89 52.05 13.71
 ベアリング・歯車 358,624,572 0.51 35.70 39.57 -2.77
 ろ過浄化装置 58,886,902 0.08 23.52 4.98 17.66
 鉱石加工用装置 71,747,781 0.10 128.73 69.37 35.05
 蛇口・バルブ 108,448,487 0.15 -21.58 14.92 -31.76
 金属圧延機 36,176,505 0.05 57.82 47.10 7.29
 その他機械器具 744,998,177 1.06 60.63 48.38 8.26
輸送機器 10,673,353,117 15.19 42.47 34.19 6.17
 自動車 2,449,236,816 3.49 29.39 39.06 -6.95
 自動車部品 1,410,892,254 2.01 30.46 23.41 5.72
 航空機 2,423,151,715 3.45 85.71 80.23 *
 自動車車台・車体 397,861,051 0.57 36.68 32.44 3.20
 自動車エンジン 1,395,340,193 1.99 11.85 17.56 -4.85
 バス 71,178,864 0.10 -17.97 1.08 -18.85
 タイヤ 515,026,387 0.73 9.86 2.42 7.26
 トラクター 647,082,386 0.92 117.28 94.29 11.83
 貨物自動車 778,988,610 1.11 76.19 73.38 1.62
 航空機・ヘリコプター部品 62,251,603 0.09 25.23 -20.78 58.08
 鉄道 31,746,657 0.05 11.22 48.07 -24.89
 航空機用タービン 62,616,930 0.09 78.35 -4.19 86.16
 オートバイ 138,524,951 0.20 37.92 33.47 3.34
 運搬用牽引車 28,741,465 0.04 64.34 50.72 9.04
 ヘリコプター 16,907,146 0.02 17.49 97.15 *
 点火プラグ・スターター 88,321,821 0.13 15.49 15.19 0.27
 その他輸送用機器 155,484,268 0.22 176.78 125.35 22.82
電気電子機器 2,181,199,905 3.10 -0.97 25.73 -21.24
 家庭用電化製品 40,078,687 0.06 13.04 15.75 -2.34
 電気絶縁用機器 137,549,078 0.20 27.22 26.82 0.32
 通信・受信機器 902,032,079 1.28 -27.56 5.22 -31.15
 電気用ケーブル・ワイヤー 149,874,283 0.21 62.53 41.94 14.51
 発電・変電用機器 445,690,419 0.63 19.50 23.71 -3.41
 電話機 138,816,555 0.20 105.40 97.20 4.16
 その他電気電子機器 367,158,804 0.52 30.60 34.57 -2.95
鉱石 3,780,335,619 5.38 43.96 21.13 18.86
 アルミニウム鉱石 136,587,171 0.19 61.20 64.38 -1.93
 鉄鉱石 3,488,070,810 4.96 40.40 19.76 17.23
 マンガン鉱石 60,837,683 0.09 64.65 55.51 5.87
 クロム鉱石 3,656,675 0.01 * * -55.36
 その他鉱石 91,183,280 0.13 361.74 199.83 54.00
紙・セルロース 2,204,246,939 3.14 4.13 9.14 -4.59
 セルロース 1,310,423,770 1.86 0.95 9.65 -7.94
 紙 893,823,169 1.27 9.16 7.81 1.25
化学製品 4,316,788,931 6.14 23.39 11.23 10.93
 無機化学製品 696,921,155 0.99 45.86 33.85 8.97
 有機化学製品 1,098,883,858 1.56 15.50 -9.90 28.19
 塗料染料 174,964,650 0.25 24.84 22.18 2.18
 香料・樹脂 222,385,130 0.32 10.79 9.83 0.88
 写真用製品 105,257,768 0.15 26.17 21.22 4.08
 薬品 250,131,754 0.36 16.26 37.54 -15.48
 プラスチック製品 1,050,072,667 1.49 20.61 -4.65 26.49
 その他化学製品 718,171,949 1.02 28.44 22.93 4.48
金属製品 7,441,287,606 10.59 41.69 9.28 29.66
 アルミ地金 722,409,129 1.03 3.37 -12.25 17.81
 鉛地金 32,057,644 0.05 142.09 35.50 78.66
 粗鋼・銑鉄 745,276,851 1.06 93.18 37.42 40.58
 合金鉄 439,381,259 0.63 22.30 5.40 16.03
 鉄鋼加工品 1,536,467,597 2.19 23.59 -12.59 41.39
 y鉄鋼薄板 1,482,876,391 2.11 59.77 23.02 29.88
 鉄鋼パイプ 294,035,276 0.42 50.86 75.80 -14.18
 条鉄鋼 446,003,990 0.63 38.26 -0.87 39.48
 精錬銅 25,404,324 0.04 30.75 -12.16 48.84
 アルミ製品 309,566,244 0.44 44.34 24.12 16.29
 アルミ合金 316,884,471 0.45 86.35 61.80 15.17
 その他金属製品 1,090,924,430 1.55 55.43 12.73 37.88
繊維製品 1,448,951,796 2.06 25.99 24.03 1.58
 合成繊維 134,567,733 0.19 7.22 -5.27 13.19
 衣料 607,152,117 0.86 21.73 14.94 5.90
 綿糸 61,984,510 0.09 -19.48 -38.19 30.27
 羊毛 8,246,323 0.01 -28.32 -25.41 -3.90
 綿布 198,990,897 0.28 11.56 -4.02 16.23
 絹糸 25,967,013 0.04 21.40 -6.54 29.89
 シサル麻繊維 41,997,060 0.06 23.44 5.56 16.93
 その他繊維製品 370,046,143 0.53 81.85 80.53 0.73
大豆 8,728,953,419 12.42 38.32 6.67 29.68
 大豆かす 2,638,234,375 3.75 42.96 11.55 28.16
 大豆および粉砕したもの 4,941,818,038 7.03 37.70 3.11 33.54
 大豆未精製油 994,527,636 1.42 36.04 16.66 16.61
 大豆精製油 149,428,127 0.21 2.84 -11.06 15.63
 その他大豆油 4,945,243 0.01 * * *
フローズン・オレンジジュース 574,589,223 0.82 -10.08 0.18 -10.24
宝石・貴金属 514,423,259 0.73 23.90 -1.22 25.43
 貴金属 92,882,383 0.13 24.76 -0.01 24.77
 半加工状態の金 312,952,241 0.45 31.24 14.70 *
 宝石製品 34,321,390 0.05 44.10 -31.85 111.46
 その他宝石 74,267,245 0.11 -5.37 -9.83 4.95
器具 199,581,861 0.28 14.21 13.50 0.63
陶器 361,918,351 0.51 36.62 34.82 1.33
果実 393,713,908 0.56 23.89 7.84 14.89
 カシューナッツ 136,639,055 0.19 29.92 18.55 9.59
 パラ栗ナッツ 17,102,882 0.02 82.42 89.06 -3.51
 オレンジ 15,361,669 0.02 54.87 23.95 24.95
 メロン 26,506,149 0.04 1.49 -13.09 16.78
 グアバーおよびマンゴー 34,850,681 0.05 -14.57 -6.57 -8.56
 りんご 72,538,734 0.10 91.75 100.13 -4.19
 その他果実 90,714,738 0.13 2.41 -14.55 19.85
水産品 307,996,560 0.44 0.66 -8.05 9.48
 冷凍えび 167,844,621 0.24 -9.57 -8.13 -1.57
 冷凍ロブスター 59,185,471 0.08 25.78 4.48 20.38
 冷凍・冷蔵魚 62,346,522 0.09 4.99 -11.01 17.98
 その他水産品 18,619,946 0.03 33.73 21.85 9.75
家具と医療家具 725,410,923 1.03 46.88 36.75 7.41
精密・光学機器 291,144,743 0.41 15.43 16.47 -0.90
ガラス・ガラス製品 196,016,544 0.28 4.62 -17.98 27.56
飲料-ビールとソフトドリンク 20,971,617 0.03 5.22 -6.63 12.69
カカオを使っていない菓子 122,617,659 0.17 27.83 24.60 2.60
エチレンアルコール 351,070,225 0.50 280.63 294.02 -3.40
石材製品 451,231,738 0.64 39.03 37.44 1.16
チョコレート 86,808,543 0.12 22.35 8.82 12.43
おもちゃ 25,170,386 0.04 58.09 60.23 -1.34
ワイン 1,278,285 0.00 201.61 173.17 10.41
その他の製品 2,995,263,853 4.26 43.21 57.24 -8.92
特殊取引 159,224,414 0.23 9.14 -0.31 9.47

(出所)開発省外国貿易局(SECEX)
※最近の動向に関する情報は研究者個人の見解であり、あり得る過ちは全て執筆者個人に帰するもので、アジア経済研究所の見解を示したものではありません。また、これらの情報および写真画像の無断転載を一切禁止します。