文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2017年度

中東における家族の変容(2017_2_40_005)

概要

2000年代の中東では、人口の少子高齢化、人権やジェンダーへの社会的関心の高まり、経済グローバル化による雇用不安などを背景として、家父長的な家族のあり方に変化が生じている。本研究では、近年の中東における家族変容のダイナミズムについて、女性や子供、障害者、高齢者など家族内の弱者に焦点を当て、文献調査および民族誌的調査にもとづき、家族の諸制度(法・規範)とそれを生きる個人の経験の両面から考察する。

期間

2017年4月~2019年3月

研究会メンバー
[ 主査・幹事 ] 村上 薫
[ 委員 ] 岩崎 えり奈(上智大学外国学部教授)
[ 委員 ] 岡戸 真幸(大学共同利用法人 人間文化研究機構 総合人間文化研究推進センター研究員)
[ 委員 ] 竹村 和朗(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所ジュニア・フェロー)
[ 委員 ] 鳥山 純子(桜美林大学日本学術振興会特別研究員)
[ 委員 ] 細谷 幸子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所フェロー)


研究成果
  • アジア経済