文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2017年度

「分配政治」論の分析視角と射程:ポーク・バレルと政治的クライエンテリズム論を中心に(2017_1_40_006)

概要

本研究では、ラテンアメリカやアフリカの事例を扱った研究を中心として、「分配政治(とくにポーク・バレルと政治的クライエンテリズム)」に関する先行研究の検討を行う。すでにこのテーマに関する事例研究についてはかなりの、また理論研究についても一定の蓄積があるが、こうした先行研究の主な論点を整理し、またそこで採用されたさまざまな方法論的視角を学ぶことで、両地域に限らず広く新興民主主義諸国におけるこの政治慣行/現象に関しての新たな研究視点を探る。

期間

2017年4月~2018年3月

研究会メンバー
[ 主査 ] 上谷 直克
[ 幹事 ] 菊池 啓一


研究成果
  • 調査研究報告書
  • 基礎理論研究会成果報告書