文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
研究活動のご紹介

調査研究

研究会一覧 2017年度

途上国における農業経営の変革(2016_2_40_001)

概要

近年、農業部門を取り巻く要素市場や農産物市場に加え、農産物の栽培、加工、流通に関する技術が急速に変化している。このような変化を利用して、途上国において農産物供給を拡大している個別の経営体やそれらの間の関係に注目する。経営の範囲、生産要素の結合方法、経営資源の配分について、従来の生産者と比較して違いを明らかにする。

市場や技術の変化が農業生産の経営方法に与える影響のほか、質と量の両面において食料作物の供給を拡大できる個別の経営体や経営体の集まりの姿を明らかにすることが期待できる。

今後食料需要がますます増えると考えられる途上国において、品質が高い農産物を効率よく安定して供給ができる個別の経営体や経営体の集まりを育成するための知見を提供できる。

期間

2016年4月~2018年3月

研究会メンバー
[ 主査 ] 清水 達也
[ 幹事 ] 塚田 和也
[ 委員 ] 荒神 衣美
[ 委員 ] 山田 七絵
[ 委員 ] 伊藤 成朗
[ 委員 ] 寶劔 久俊 (関西学院大学国際学部教授)
[ 委員 ] 辻 一成 (佐賀大学農学部准教授)
[ 委員 ] 谷 洋之 (上智大学外国語学部教授)


研究成果
  • 研究双書