skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2015年度

2015年度 研究テーマ:C-36
中国農村の市場化と制度革新:「農村合作組織」と「合作制」の経済分析

概要

1980年代以降の中国農村への市場経済の浸透過程において、農業生産の効率化を目的とした「合作組織」と呼ばれる新たな中間組織の生成と集団所有制下で生まれた新たな利益配分の仕組みである「合作制」の制度革新が起こっている。本研究課題では「合作組織」と「合作制」が中国農村の経済発展に果たす役割を理解するため、地方政府、企業、仲買人、農家といった各アクターとの相互関係に焦点をあてる。そして、「合作組織」と「合作制」という新しい仕組みが農業生産の効率化や集団資産の利益分配の効率化においてどのような役割を果たしているかについて、ミクロ経済学(エージェンシーモデル、ゲーム理論など)に基づいた理論モデルを整理・再検討する。さらに、現地調査やアンケート調査を通じて入手した個票データを利用し、定量分析を視野にいれつつ、新しい組織と制度の特徴や組織のメンバーや市場取引への参加者に与える効果について解明していく。

期間

2014年4月~2016年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 寳劔 久俊
[ 幹事 ] 山田 七絵
[ 委員 ] 渡邉真理子 (学習院大学経済学部教授)

研究成果

  • IDE Research Bulletin