skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2015年度

2015年度 研究テーマ:C-16
イスラーム主義とナショナリズムの交錯と対立:植民地期アルジェリアの事例を通じて

概要

本研究は、北アフリカのアルジェリアにおいて1940年代に社会運動としての勢力を拡大していたアルジェリア・ウラマー協会の政治行動の原理を、同時代のナショナリストとの相違に注目して解明することを通じ、二つの運動の協同を促進するような時代状況がありながら、二つの運動の世界観の相違から、両者の間に対立が起こったことを明らかにする。これにより、イスラーム運動とナショナリズムの関係が協同したり、対立したりする要因を、運動の思想的特性において解明する。

期間

2015年4月~2016年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 渡邊 祥子

研究成果

  • 『The Developing Economies』