skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2015年度

2015年度 研究テーマ:C-15
ドイモイ下ベトナムの家族動態

概要

1986年12月にドイモイ路線が正式に採択されて以降、ベトナムでは国家丸抱えの計画経済体制に基づく経済運営から、市場経済に基づく経済運営への転換が図られ、1990年代前半からは工業化・近代化が推進されてきた。工業化・近代化の進展に伴い、ベトナムの家族を取り巻く環境は大きく変化しており、少子化、核家族化の進行、子供に対する教育・社会化機能の低下傾向なども指摘されている。本研究会では、工業化・近代化推進期にあるベトナムの家族の変容・動態、家族の適応戦略、そして家族をめぐる政策について考察する。

期間

2015年4月~2016年3月

研究会メンバー

[ 主査・幹事 ] 寺本 実
[ 委員 ] ブイ・テェー・クォン (ベトナム南部社会科学院シニア研究員)
[ 委員 ] ファム・ヴァン・ビック (ベトナム社会学研究所シニア研究員)
[ 委員 ] 岩井美佐紀 (神田外語大学教授)

研究成果