skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2015年度

2015年度 研究テーマ:C-10
中東イスラーム諸国における生殖医療と家族

概要

中東イスラーム社会では、不妊への強いスティグマや、イスラーム法の影響で養子縁組が少ないことなどから、不妊治療などの生殖医療への高い需要が存在する。生殖医療の利用は、家族のあり方に多大な影響を及ぼすと同時に、当該社会における家族観や生命観、政治的関心、個々人の願望などによって規定される側面を有する。本研究会では、エジプト、イラン、およびトルコを事例として、中東イスラーム社会における生殖医療の制度化と実践の状況を検討するとともに、民族誌的調査を通じて生殖医療と家族を取り巻く文化的・政治的・宗教的な諸問題を検討、考察する。

期間

2015年4月~2017年3月

研究会メンバー

[ 主査・幹事 ] 村上 薫
[ 委員 ] 細谷幸子 (東邦大学看護学部看護学科)
[ 委員 ] 鳥山純子 (桜美林大学 日本学術振興会特別研究員)
[ 委員 ] 岡戸真幸 (上智大学非常勤講師)
[ 委員 ] 後藤絵美 (東京大学東洋文化研究所助教)

研究成果