skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2015年度

2015年度 研究テーマ:B-1-12
開発途上国の女性障害者

概要

本研究は、女性障害者に焦点を当て、開発途上国の女性障害者がおかれている現状を提示し、権利確立のための法制度と政策措置を分析し、課題を明らかにすることを目的とする。国連障害者権利条約は、一般原則において男女の平等を謳うとともに、締約国が女性障害者の複合的差別を認識し、すべての人権および基本的自由を確保するための措置をとり、自律的な意思決定力を確保するための能力開発などの措置をとることを求めた。女性でありかつ障害者であるという複合的差別が存在し、その結果、同じ障害者であっても男性障害者と女性障害者の間にはさまざまな格差が生じるなど、それを特記するほど課題が大きくなっていることを示している。そこで本研究では、ESCAPの複数国における女性障害者の課題を分析するとともに、対象国間の比較により共通の課題の発見にもつとめる。

期間

2014年4月~2016年3月

研究会メンバー

[ 主査・幹事 ] 小林 昌之
[ 委員 ] 森 壮也
[ 委員 ] 崔 栄繁 (DPI日本会議)
[ 委員 ] 浅野宜之 (関西大学政策創造学部教授)
[ 委員 ] 四本健二 (神戸大学大学院国際協力研究科教授)
[ 委員 ] 金澤真実 (一橋大学大学院経済学研究科)
[ 委員 ] 吉村千恵 (熊本学園大学社会福祉学部特任講師)

研究成果

  • 和文単行書『研究双書』