skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2015年度

2015年度 研究テーマ:B-1-01
冷戦後アフリカの土地政策

概要

冷戦終結後、多くのアフリカ諸国で土地政策の見直しが実施された。土地に対する個人の権利強化を目指して土地法が改正されたり、土地再配分政策が施行された。これには、冷戦終結に伴う民主化や市場経済化、また紛争後の平和構築における土地問題の重視といった背景がある。本研究会では、近年アフリカ諸国で採られた土地政策を明らかにするとともに、その成果について検討する。冷戦後のアフリカは、土地に対する政策的介入が積極的に行われる一方で、様々な形で土地紛争が顕在化したことで知られている。土地政策の評価にあたっては、そもそも当該国でどのような土地問題が起こったのか、それに対応するためにどのような土地政策が採られたのか、その土地政策は問題解決に寄与したのか、という点を明らかにしつつ論じる。

期間

2015年4月~2017年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 武内 進一
[ 幹事 ] 児玉 由佳
[ 委員 ] 津田 みわ
[ 委員 ] 佐藤 千鶴子
[ 委員 ] 網中 昭世
[ 委員 ] 池野旬 (京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)
[ 委員 ] 落合雄彦 (龍谷大学法学部教授)
[ 委員 ] 大山修一 (京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科准教授)

研究成果