skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2014年度

2014年度 研究テーマ:C-48
中国における水環境問題をめぐる不平等とガバナンス

概要

中国では急速な経済社会発展のもとで長年にわたって深刻な環境問題に悩まされている。地表水や地下水に日常の飲用・生活用水を依存する農村地域では、水環境問題の深刻化は多くの人々の生存・生活基盤を揺るがし、「人間の福祉」(human welfare)に関わる重大な問題となっている。しかも、その影響や被害は、上流と下流という地理的な関係に加え、不均等な経済社会発展とそれに伴う行政対応能力の差異等が相乗して、特定地域に集中するいわば「社会生態的不平等」(socio-ecological inequity)の状態が見られる。本研究ではこのような視点から中国の水環境問題の解決に向けたガバナンスについて、地域の自然的社会的特性、社会経済的諸条件の差異、不平等の緩和・解消に向けた政府の政策と人々の実践の相互作用等から検討を行い、水環境問題の被害・影響が集中している地域の持続可能性と発展可能性を展望する。

期間

2014年4月~2015年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 大塚 健司

研究成果

  • 学術雑誌への投稿