skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2014年度

2014年度 研究テーマ:C-45
馬英九政権下・台湾の経済社会学的分析

概要

本研究の目的は,経済社会学,政治経済学の最新の研究成果のサーベイを通じて,2008年以降の国民党・馬英九政権下の台湾における経済・政治・社会アクター間の相互作用を把握するための分析視点を構築するための準備を行うことにある。馬英九政権下の台湾では,両岸の経済・社会関係の緊密化に伴う中国の政治的影響力の強まり,マスメディアの商業化と軌を一にして進んだ一部メディアの親中化,経済課題をめぐる政治的対立の顕在化など,「経済・政治・社会」という便宜的な三分法ではとらえきれない複雑な現象が起きている。本研究では,そのような領域横断的な現象を分析するための枠組みを構築するための準備として,経済現象の社会学的分析(経済社会学),経済現象の政治分析(政治経済学)の最新の成果をレビューする。

期間

2014年4月~2015年3月

研究会メンバー

[ 主査・幹事 ] 川上 桃子
[ 委員 ] 佐藤 幸人

研究成果