skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2014年度

2014年度 研究テーマ:C-28
通商協定の経済学的分析

概要

グローバル供給チェーンへの参加は、とりわけ途上国において重要な政策課題として認識されつつある。同時に、グローバル供給チェーンへの参加は、これまでGATT/WTOが目指してきた市場アクセスの自由化以上に、深い経済統合(deep integration)や当事者国の個別経済事情をより反映した通商協定(more individualized agreements)へのニーズをもたらしている。本研究会は、直接投資、サービス貿易、オフショアリング、人の移動など近年注目を集めている経済活動や労働基準などの非貿易的な社会条項に対して、通商協定がどのような役割を果たしているのか、これによって実体経済にどのような影響をもたらしているのか、財の貿易との関連も考慮しつつ、理論、実証の両面から研究を行う。

期間

2014年4月~2016年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 佐藤 仁志
[ 幹事 ] 田中 清泰
[ 委員 ] 伊藤 匡
[ 委員 ] 石戸光 (千葉大学教授)
[ 委員 ] 鎌田伊佐生 (ウィスコンシン大学マディソン校准教授)
[ 委員 ] 小森谷徳純 (中央大学准教授)
[ 委員 ] 椋寛 (学習院大学教授)

研究成果

  • 1年目研究成果:調査研究報告書
  • 2年目研究成果:IDE Research Bulletin