skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2014年度

2014年度 研究テーマ:C-19
インド 仕事組織・人的資源管理の変容と労使の関係

概要

ここ数年、インドの経済成長は足踏み状況が続いているものの、世界から注目されていることに変わりはない。本研究は、2000年と2011~12年の2回にわたってインド・バンガロールで実施した企業調査を用い、インドにおける企業の近年の仕事組織や労使関係、また人的資源管理の変化・変容と、それら諸要因の連関を計量的に明らかにすることを目的とする。具体的には、(1)企業の仕事組織に関する取り組み(ワークチームやQC、総合的品質管理(TQM)等)の広まり、(2)経営戦略の変化、(3)人的資源管理諸施策(賃金管理や昇進管理、人員配置等)とその変容、(4)労使関係の変化・変容の如何、とりわけ労働組合による経営への影響力・発言力の変化の如何、の諸点の解明を試みる。本研究を通じて、インドの経済成長のミクロレベルのダイナミズムを明らかにするとともに、インド国内外で議論されて久しい労働改革に関する新たな知見の提供を目指す。

期間

2014年4月~2015年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 太田 仁志

研究成果

  • 学術雑誌への投稿