skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2014年度

2014年度 研究テーマ:C-16
社会運動研究の到達点と課題に関する基礎的研究

概要

現在の途上国では、いたるところで社会運動が発生しており、しかもその一部は国家統治のあり方にも影響を与えている。このように社会運動研究の重要性は高まっているが、社会運動はそのイシューも現れ方も多様で、個々の運動の特殊事情が反映するため、ともすると研究は事例の紹介に終わってしまう。研究者が個々の研究成果を共有し、お互いの成果の上に研究を積み重ねていくためには、社会運動研究で現在、何が問題となっており、それに対してどのような回答が与えられ、そして何がまだ答えられていないのかをつかむ必要がある。本研究会では、参加者各自のテーマ、関心に関連するイシューについて、社会運動研究の到達点を把握し、今後の研究課題設定へとつなげることを目的とする。またそうした検討の成果を参加者の間で共有することで、社会運動研究の現状についての鳥瞰図を得られるようにする。

期間

2014年4月~2015年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 重冨 真一
[ 幹事 ] 山口 真美
[ 委員 ] 寺尾 忠能
[ 委員 ] 上谷 直克
[ 委員 ] 任 哲
[ 委員 ] ダルウィッシュ ホサム
[ 委員 ] 渡邊 祥子

研究成果