skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2014年度

2014年度 研究テーマ:C-15
ベトナムの労働市場と雇用問題の新時代

概要

本研究は、基礎理論研究会として、ベトナムの労働市場と雇用制度・条件の現状とその問題点を整理するとともに、経済構造の変化と新たな法制度の導入がもたらす労働市場への影響を展望するため、基礎的な情報収集・分析を行うことを目的とする。
ベトナムは、労働集約的産業への依存から脱し、高付加価値製品を生産するという産業構造の変化を模索している。その一方で、近代的な労働環境の整備という課題にも直面している。
今後ベトナムは、経済構造の変化に対応するための労働力の確保に加え、労働者の権利保護のための制度整備が課題となる。その一方で、国際的な競争力確保のためには、労働コストの抑制という課題にも直面している。これらの相矛盾する課題を抱えらベトナムの労働市場の将来展望のためには、労働者の現状や制度に関する質的・量的な基礎情報の収集が必要とされる。

期間

2014年4月~2015年3月

研究会メンバー

[ 主査・幹事 ] 坂田 正三
[ 委員 ] 藤田 麻衣

研究成果