skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2014年度

2014年度 研究テーマ:C-14
新興国における子どもに関する政策研究会

概要

21世紀に入って以降のアジアやラテンアメリカの新興国では、社会の高齢化への注目が高まる一方で、子どもに関する政策の関心が高まっている。21世紀になり就労形態と育児の問題が新たな社会政策の課題として新興国においても議論されるようになった。子どもに関するいまひとつの新たな政策的関心は生殖医療である。近年の生殖技術のめざましい進歩は、少子高齢化への政策的対応の必要性を背景とするが、医療現場での実践は各社会における家族観や宗教倫理を反映して、必ずしも一様ではない。本研究会では、こうした新興国における子どもに関する政策への関心の高まりを背景として、政策の実態や関連する先行研究をレビューする。

期間

2014年4月~2015年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 宇佐見 耕一
[ 幹事 ] 村上 薫
[ 委員 ] 山岡 加奈子

研究成果