skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2014年度

2014年度 研究テーマ:C-03
キューバ革命体制の模索:ベトナムとの比較

概要

一党体制と中央集権的経済体制を維持するキューバは、2011年から経済改革を再開した。この中で冷戦後、とくにキューバの政治体制と経済体制の変容を、同じ一党体制ながら市場メカニズムを大幅に導入したベトナムと比較することは有用である。ラウル現政権は、経済改革を策定する際にベトナムの例を参考にしたと伝えられるが、他方両国には地政学的・歴史的差異が大きい。本研究では、革命第一世代の指導者が高齢化する中で、革命体制の帰趨が注目されるキューバを、政治体制論とマクロ経済・ミクロ経済両方の開発論から、ベトナムと比較分析する。キューバ人経済学者2名との共同研究を行う。

期間

2013年4月~2015年3月

研究会メンバー

[ 主査・幹事 ] 山岡 加奈子
[ 委員 ] Mauricio de Miranda Parrondo (コロンビア共和国ハベリアーナ大学カリ校経済学部経済経営学科教授)
[ 委員 ] Pavel Vidal Alejandro (コロンビア共和国ハベリアーナ大学カリ校経済学部経済経営学科准教授)

研究成果