skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2014年度

2014年度 研究テーマ:B-4-07
日台経済関係の展望と課題

概要

日本と台湾の間には緊密な経済関係が形成されている。日本にとって台湾は第4位の輸出先であり、第11位の輸入元である。資源輸出国を除けば、第5位となる。一方、台湾にとって日本は第4位の輸出先であり、第1位の輸入元である。貿易のほか、相互の投資や両国企業による提携も活発におこなわれている。このような関係が今後どうなっていくのかは、両国の経済に大きな影響を及ぼすと考えられる。
このプロジェクトの目的は、日台経済関係の現状を分析し、それを踏まえて、今後を展望するとともに、経済関係を拡大、高度化するために、どのような課題があるのかを明らかにすることである。

期間

2014年4月~2015年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 佐藤 幸人
[ 幹事 ] 池上 寛
[ 委員 ] 川上 桃子
[ 委員 ] 早川 和伸
[ 委員 ] 佐藤 仁志
[ 委員 ] 鍋嶋 郁
[ 委員 ] 道田 悦代
[ 委員 ] 磯野 生茂
[ 委員 ] 石戸光 (千葉大学法政経学部教授)
[ 委員 ] 李淳 (中華経済研究院WTO及RTA中心 副執行長)

研究成果

  • 報告書(英文)