skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2014年度

2014年度 研究テーマ:B-4-02
グローバルサプライチェーンにおける中国の二酸化炭素排出-国内地域と企業の異質性を考慮した環境国際産業連関分析-

概要

本研究は40各国、中国の国内地域、企業の属性を持つ環境国際産業連関表モデルを開発し、これまでのグローバルプライチェーン分析、付加価値貿易の概念を炭素排出やカーボンリーケージと結合した勘定システムの提示を目指す。このような勘定システムの構築により、さまざまなサプライチェーン上の炭素を追跡可能となるほか、カーボンリーケージに基づく国際競争優位、フラグメンテーション生産の環境コスト指標、多重計算を排除した炭素税、GreenとDirtyなサプライチェーンを識別する指標の作成も可能となる。本研究は中国清華大学の研究助成を受け、清華大学産業発展と環境ガバナンス研究センター、米国国際貿易委員会、名古屋大学国際低炭素研究所と連携の形で実施する予定である。

期間

2014年4月~2015年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 孟 渤
[ 幹事 ] 柴田 つばさ
[ 委員 ] Wang Zhi (USITC上席主任研究員)

研究成果

  • IDE Discussion Papers
  • 清華大学より英文出版