skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2013年度

2013年度 研究テーマ:C-45
「華南銀行」の蹉跌-台湾銀行による大正期南進の挫折と整理-

概要

本研究論文は、台湾銀行が華南・東南アジアの一体化したアジア経済圏への進出、いわゆる南進を企図し、その尖兵として1910年代に華僑資本との合弁銀行として設立した華南銀行が、どのようにして経営難に陥り、その整理が実施されたかについて考察する。そこからは、帝国日本が目指した経済的対外進出の大きな方向性の一つであった「南進」、特に大正期のそれが、実際にはどのように作用し、アジア経済圏にどのような影響を与え、また限界を有していたのかについて、明らかとなる。

期間

2013年4月~2014年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 久末 亮一

研究成果

  • 『アジア経済』