skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2013年度

2013年度 研究テーマ:C-06
インドシナ広域開発協力をめぐる国際関係:タイ、中国、CLMV間の外交過程の考察

概要

冷戦後、インドシナ半島では広域開発協力枠組みが次々と提唱、創設されてきた。従来のインドシナ広域開発協力にかんする研究は、個々の枠組みの活動内容の分析か、日本、島嶼部ASEANといった非当事国の外交戦略や外交過程から考察する論考が中心だった。しかしながら、現実には非当事国による構想と平行してタイ、CLMVおよび中国といった当事国の間で独自の構想が提唱、設立されており、その経緯をASEANや日本の視点のみから説明することは困難である。こうした状況を踏まえ、本研究は、これまで日本やASEANを中心に語られてきた冷戦後のインドシナ広域開発協力発展の経緯を、タイ、CLMVおよび中国といった当事国の地域戦略と枠組み創設をめぐる外交過程の分析を通じて明らかにすることを目指す。

期間

2013年4月~2014年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 青木(岡部) まき

研究成果

  • 『アジア経済』