skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2012年度

2012年度 研究テーマ:C-26
国際産業連関分析論

概要

本研究会は、アジア経済研究所の国際産業連関表事業を通じて蓄積されてきた知見を体系的に取りまとめ、国際産業連関表に関する包括的な研究書を作成することを目的とする。
アジア経済研究所では、30年以上に亘ってアジアの共同研究機関とともに国際産業連関表の作成および分析を行ってきた。国際産業連関表の作成は、ほぼアジ研のみが継続して行っており、作成や分析に関するさまざまなノウハウや知識が蓄積されてきた。
一方、近年の経済統合や貿易自由化を通じた各国の産業間の結びつきを分析するためのツールとして、国際産業連関表およびそれを用いた分析に対するニーズは一層高まりつつある。
こうした点に鑑みて、国際表の作成・分析方法について将来に引き継ぐ体系的な資料となり、かつ広範な経済分析用途にも資するような国際産業連関表の作成と分析に特化した研究書の作成に取り組む。

期間

2011年4月 – 2013年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 玉村 千治
[ 幹事 ] 桑森 啓
[ 委員 ] 佐野敬夫 (元岐阜聖徳学園大学経済情報学部教授)
[ 委員 ] 内田 陽子

研究成果