skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2012年度

2012年度 研究テーマ:C-16
社会保障改革の社会階層別効果:トルコ

概要

国民の多くを代表する政権は所得平等化をもたらすという仮説は先進民主主義諸国ではほぼ妥当するが、開発途上国においては、社会支出が必ずしも再分配につながらないとの指摘がされている。トルコでは2000年代後半に大衆を基盤とする政権下で社会保障改革が実施され、三大年金機構の統合、国民皆健康保険制度導入が行われた。このような社会保障改革が所得再分配効果を及ぼすかを分析する。その方法は以下の通りである。トルコ政府統計局作成の「生活満足度調査」個票データ(2003-2009の各年、非パネル)には、政府サービスについての満足度のデータが含まれている。この個票データを用いて、2003年から段階的に実施されてきた社会保障改革の進展に伴い社会保障への満足度が低所得者層ほど上がっているかを明らかにする。具体的には、社会保障満足度を従属変数とする重回帰分析で、所得階層別ダミー変数と時間変数の交差項の重回帰係数が、低所得者層ダミー変数ほど大きな値を取るかを検証する。

期間

2012年4月 – 2013年2月

研究会メンバー

[ 主査 ] 間 寧

研究成果

  • 外部雑誌投稿