skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2012年度

2012年度 研究テーマ:C-13
トルコの都市貧困層の家族と性的名誉

概要

トルコの伝統的なキンシップは、親族女性のセクシュアリティの保護を一族の名誉と結びつける性的名誉(ナームス)の概念をその結合原理とする。性的名誉については、フェミニズムの影響を受けた研究者によって「名誉殺人」を中心に議論されてきた。背景には、2000年代以降の名誉殺人にたいする国際的な注目の高まりがある。そこでは、性的名誉は近代化と教育によって克服すべき対象として捉えられる。しかし性的名誉は人々の日常生活全般に関わる価値の体系であって「名誉殺人」に還元されるものではなく、また日常生活の文脈から切断されて固定されているわけでもない。本研究は性的名誉について、議論の射程を「名誉殺人」からジェンダーおよび家族関係へ広げ、また動態的な把握を試みる。具体的には都市貧困層を事例に、近年の政治的経済的環境の変化が人々の性的名誉概念にいかなる影響を与え、ジェンダーや家族を変容させているのか、フィールド調査の結果にもとづいて明らかにする。

期間

2012年4月 – 2013年3月

研究会メンバー

[ 主査・幹事 ] 村上 薫

研究成果

  • 『アジア経済』