skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2012年度

2012年度 研究テーマ:C-12
中国の都市化:拡張、不安定と管理メカニズム

概要

急速に進む中国の都市化過程により中国社会は未解決の難題が山積し、社会内部の緊張関係が高まっている。都市周辺の農業用地が都市部に飲み込まれる拡張の中で土地及び建物への補償が不満の種となり住民による衝突・暴動が広い範囲で起きている。このような社会不安定要素はやがて共産党統治の正統性につながる。本研究では都市化過程に伴うさまざまな社会問題をとりあげ、問題の起源・変化を把握したうえで、中国政府がどのようなメカニズムで新しい問題に対応しているかを、政治学・社会学のアプローチで分析する。

期間

2012年4月 – 2014年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 天児慧 (早稲田大学・教授)
[ 幹事 ] 任 哲
[ 委員 ] 林載桓 (青山学院大学・助教)
[ 委員 ] 呉茂松 (慶應義塾大学・非常勤講師)
[ 委員 ] 黄媚 (筑波大学・研究員)

研究成果