skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2012年度

2012年度 研究テーマ:C-11
開発と政治的安定:コスタリカの事例

概要

中米の「スイス」とも呼ばれるコスタリカは、政治的には長い民主制度、外交面では非武装中立政策で知られ、1990年代以降は外国投資の積極的な受け入れによる情報通信産業に代表される知識集約的産業の発展で注目されてきた。また社会的には半世紀にわたり普遍主義的な社会保障制度を整備し、早い時期から全国民への義務教育の普及を果たした国として有名である。この意味で、政治学・経済学など多くのディスシプリンから見て、非常に興味深い事例となっている。
本研究会では、コスタリカの政治制度、民主主義の定着と中間層、外交政策、金融、開発、社会政策、教育など多面的な分析を目指す。

期間

2011年4月 – 2013年2月

研究会メンバー

[ 主査・幹事 ] 山岡 加奈子
[ 委員 ] 宇佐見 耕一
[ 委員 ] 米村 明夫
[ 委員 ] 三尾 寿幸
[ 委員 ] 北野 浩一
[ 委員 ] 狐崎知己 (専修大学)
[ 委員 ] 久松佳彰 (東洋大学)
[ 委員 ] 尾尻希和 (東京女子大学)
[ 委員 ] 村井友子 (ジェトロ・アジア経済研究所 図書館)

研究成果