skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2012年度

2012年度 研究テーマ:B-3-02
【連携研究:福岡県】自治体間国際環境協力とアジアへのビジネス展開

概要

福岡県、北九州市、福岡市が三者で共同申請した「グリーンアジア国際戦略総合特区」は2011年12月に国から「国際戦略総合特別区域」に指定された。また同時に、福岡県では、中国・江蘇省、ベトナム・ハノイ市、タイ・バンコク、インド・デリーと覚書などを交わしながら、環境協力を進めようとしている。国際環境協力を進めるに当たっては、相手国の環境関連規制、中央・地方政府の関係、地方政府の部門毎の役割や権限などが、日本と異なっている可能性があり、協力先の事情を理解することが必要である。本研究会では、協力相手先から示されているニーズ、相手国の政策動向などを踏まえながら、どのような協力を行えば、どのような企業のアジア進出に寄与するかを検討する。また、相手国の環境関連規制、中央・地方政府の関係、各地方政府の部門毎の役割や権限など、自治体間環境協力を進める際に理解しておいたほうがよいと思われる情報を整理した上で、福岡県企業のビジネス展開につながるような国際環境協力の枠組みに関する検討を行う。

期間

2012年4月~2013年3月

研究会メンバー

[ 主査・幹事 ] 小島 道一
[ 委員 ] 今井 健一 (国際東アジア研究センター 主任研究員)
[ 委員 ] 天野 宏欣 (福岡アジア都市研究所 主任研究員)
[ 委員 ] 前田 利蔵 (地球環境戦略研究機関北九州アーバンセンター 主任研究員/副所長)
[ 委員 ] 松本 亨 (北九州市立大学 教授)
[ 委員 ] 荒畑 稔 (ジェトロ福岡貿易情報センター 所長)
[ 委員 ] 石賀 康之 (ジェトロ北九州貿易情報センター 所長)
[ 委員 ] 坂田 正三
[ 委員 ] 佐藤 創
[ 委員 ] 吉田 隆造 (福岡県環境部環境政策課国際環境協力班長)
[ 委員 ] 鬼木 幸雄 (福岡県商工部国際経済観光課課長補佐)

研究成果