skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2012年度

2012年度 研究テーマ:B-2-03
2005年日中韓地域間アジア国際産業連関表の作成と利用

概要

アジア国際産業連関事業の経常研究では、過去に、2006年度の「中国の地域発展と空間構造」研究会において、中国の沿海地域における産業再編によって引き起こされたアジア地域の産業集積や生産ネットワークの変化を検討するため、日本の地域間表と中国の地域間表を連結した『2000年日中地域間アジア国際産業連関表』を作成・リリースした。今般、『2005年アジア国際産業連関表』の完成を受け、それを基本的フレームワークとして日本、中国、韓国の地域間表を連結する『日中韓地域間アジア国際産業連関表』の作成を行う。
この新しいデータの作成によって、日本と中国の地域レベルでの産業連関構造が2時点間で比較可能となり、また、東アジアにおける生産ネットワークの国際展開を日・中・韓の間で詳細に分析することができる。

期間

2012年4月 – 2013年2月

研究会メンバー

[ 主査 ] 猪俣 哲史
[ 幹事 ] 孟 渤
[ 内部委員 ] 橋口 善浩
[ 内部委員 ] 柴田 つばさ
[ 外部委員 ] 岡本信広 (大東文化大学准教授)
[ 外部委員 ] 新井園枝 (経済産業省大臣官房調査統計グループ経済解析室産業連関分析研究官)

研究成果

  • 1年目成果: アジア国際産業連関シリーズ