skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2012年度

2012年度 研究テーマ:B-1-12
バングラデシュの製造業の現段階に関する基礎的研究

概要

バングラデシュ経済について、日本を含む世界的な評価が大きく変わりつつあるなかで、その実態に関する情報はまだ乏しい。とりわけ製造業あるいは具体的な企業の動向に関しては、バングラデシュ経済社会に劇的に影響を及ぼした輸出向け縫製産業を除くと、断片的な新聞記事や逸話にとどまっており、その正確な潜在力や直面する課題などを理解するには十分でない。
本研究会の主なねらいは、セクター別に同国大手企業への質問調査を実施し、産業ならびに企業活動の実態把握を行うことにある。対象とするセクターは、縫製・繊維、ジュート、製薬、皮革・製靴、機械・電気・電子、食品、造船・船舶解体、ICT、小売部門を予定している。同時に、業種横断的に、現在のバングラデシュを代表する企業、企業グループを同定し、そのプロフィールを描く。また、同国で活動する日系企業とバングラデシュ経済の関わりについても分析する予定である。

期間

2012年4月 - 2014年2月

研究会メンバー

[ 主査 ] 村山 真弓
[ 幹事 ] 山形 辰史
[ 委員 ] ションチョイ アブー
[ 委員 ] 坪田 建明
[ 委員 ] 鈴木隆史 (ジェトロ・ダカ事務所長)
[ 委員 ] 安藤裕二 (ジェトロ生活文化・サービス産業部生活産業企画課)

研究成果