skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2012年度

2012年度 研究テーマ:B-1-05
「アジア域内金融協力」再考:進展と課題

概要

1990年代末に発生した金融・経済危機を主な契機として、ASEAN加盟国を中心に構築されてきた「東アジア域内金融協力」枠組みの進展と将来的な課題を検討するとともに、これら枠組みにおいて中心的な役割を果たしてきた、あるいは、積極的に参画し始めた各加盟国の現状と国内市場振興に関する課題を、金融協力枠組みとの有機性を軸に分析・検討する。特に、(a)ABMIやCMI等、並行する金融協力枠組みの包括的な分析と将来的課題の抽出、(b)域内金融協力枠組みと市場振興政策の有機性を視野に入れた国別事例分析、(c)ASEAN後発加盟国への金融市場振興政策に関する示唆の提供、(d)わが国の援助政策、特に金融市場におけるソフト面や制度改革支援の方向性や役割について考察し、政策提言に資する。

期間

2011年4月 - 2013年2月

研究会メンバー

[ 主査 ] 柏原 千英
[ 幹事 ] 濱田 美紀
[ 委員 ] 金京拓司 (神戸大学大学院経済学研究科教授)
[ 委員 ] グェン クォッ フン (兵庫県立大学経済学部専任講師)
[ 委員 ] 国宗浩三 (近畿大学経済学部教授)
[ 委員 ] 中川忍 (日本銀行国際局アジア金融協力センター長)
[ 委員 ] 中川利香 (東洋大学経済学部准教授)
[ 委員 ] 三重野文晴 (京都大学東南アジア研究所准教授)
[ 委員 ] 水野兼悟 (株式会社野村総合研究所マニラ支店長)

研究成果