skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2011年度

2011年度 研究テーマ:4-22
開発途上国の障害者と貧困削減

概要

本研究の目的は、提案者らがこれまで蓄積してきた情報やデータの分析を深め、これにフィリピン農村研究の結果を加えて一冊の本を著すことである。提案者らはこれまで、森壮也編『障害と開発—途上国の障害当事者と社会—』日本貿易振興機構アジア経済研究所 2008年、および森壮也編『途上国障害者の貧困削減』岩波書店 2010年、といった研究成果を生み出してきた。これに、森研究員が研究分担者として2010年11月にPhilippine Institute for Development Studies (PIDS)と共同で、フィリピン農村部のバタンガス県において、実施したフィールド調査によって収集されたデータの分析を加える。
これまで提案者らがフィリピンで収集したデータは都市に住む障害者のものであり、その結果からフィリピン全体の障害者の生計の実像を照射するのは難しかったのであるが、今回、フィリピン農村で収集されたデータの分析結果を本書に加えることで、より一般的な姿に近いフィリピン障害者の生計の実態を明らかにすることを試みる。

期間

2011年4月 - 2012年2月

研究会メンバー

[ 主査 ] 山形 辰史
[ 幹事 ] 森 壮也

研究成果

  • 1年目成果:外部出版を予定。