skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2011年度

2011年度 研究テーマ:1-05
イスラームと政治的異議:アジアと中東の比較研究

概要

イスラーム化が議論されて久しいが、こと政治に関してはしばしば偏った理解がなされがちである。というのも、イスラーム政治の研究が安全保障面に偏りがちだからだ。しかし、イスラームの名の下での政治的異議申し立てを、単に「宗教現象」だとか「原理主義の台頭」とばかりみなしてはならないだろう。より根本的に各国のイスラームの起源や経路をあとづけ、その政治的な帰結を検討する必要がある。そこで重要なのは、多様なはずの各国の市民の不満が、比較的共通性を持った「イスラーム世界」の解釈や組織を通じて表明されているという点である。
本研究会では、アルジェリア、イラン、モロッコ、インドネシア、パキスタン、マレーシア、タイ、トルコといった国々におけるイスラーム政党やイスラーム主義的な社会運動を対象とし、それらの政治的意義申し立ての動態と言説に焦点を当てたい。

期間

2011年4月 - 2013年2月

研究会メンバー

[ 主査 ] クー ブー テック
[ 幹事 ] 中西 嘉宏
[ 委員 ] 白石 隆
[ 委員 ] ダルウィッシュ ホサム
[ 委員 ] Vedi Hadiz (Murdoch University, Professor)
[ 委員 ] Richard Robison (Murdoch University, Professor)
[ 委員 ] Ian Wilson (Murdoch University, Research Associate)
[ 委員 ] Alejandro Colas (University of London, Senior Lecturer)
[ 委員 ] 池内恵 (Tokyo University, Associate Professor)
[ 委員 ] Mohammad Nafissi (School of African and Oriental Studies, Research Associate)
[ 委員 ] Nadia Marzouki (European University Institute, Jean Monet Fellow)