skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2010年度

2010年度 研究テーマ:4-12
差異との共存:開発途上国における寛容の政治

概要

開発途上国において民族、信仰、思想上の違いを容認する態度や制度はどのようにして形成されるのか。本研究会では、(1) 自分と異なる集団に対する知識、接触度、競合関係、(2) 集団間の紛争や特定集団の強大化を抑止する制度、(3) 国家イデオロギーにより規定される「国民」の定義、という3つの異なる次元での要因が寛容に与える影響を、インド、カザフスタン、トルコを例に分析する。その過程で、政治的に不安定なあるいは民主主義的保障が不充分な体制下で寛容がどのように形成されうるかという途上国に特有な問題への示唆を導き出す。

期間

2010年4月-2012年2月

研究会メンバー

[ 主査・幹事 ] 間 寧
[ 委員 ] 近藤 則夫
[ 委員 ] 岡 奈津子

研究成果

ミッション区分