skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2010年度

2010年度 研究テーマ:2-04
東アジアの長期経済成長モデル分析

概要

この研究会の目的はアジアの長期的な経済成長の持続可能性を「家計」に焦点を置いて人口構造や国内市場の形成の効果を統計的に明らかにすることである。具体的には平成21年度研究会「政策評価のためのマクロ計量モデル分析」研究会の成果を踏まえて、 計量モデルによる国内消費需要拡大や人口構造変化のマクロ的な経済成長の持続可能性への影響を実証的に分析できる経済モデルの作成を目指して、長期的な視野の下で、統計データの整備と経済モデルの検討を行ってみたい。また家計消費や労働力人口と関係の深いマクロ的な統計資料をアジア地域について整理し、今後のアジアの実証的経済モデル作成に関心のある人に利用できるように、統計資料シリーズとして公刊することにしてみたい。

期間

2010年4月 - 2011年3月

研究会メンバー

[ 主査 ] 野上 裕生
[ 幹事 ] 植村 仁一
[ 委員 ] 大泉啓一郎 (日本総合研究所、環太平洋戦略研究センター、主任研究員)

研究成果

ミッション区分