skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2009年度

2009年度 研究テーマ:4-01
新興民主主義の安定

概要

本研究会の目的は、発展途上国で新しく誕生している民主主義体制の安定化、あるいは不安定化について、その要因と因果関係を明らかにすることである。近年、民主化した発展途上国のなかには、選挙における不正や法的な制約を外れた手段による権力闘争などが行われる国々があり、民主主義制度が遵守されない事例が少なくない。また、歴史的に見れば、いったん民主化した国が権威主義体制に再び戻る事例も例外的なものではない。なぜ民主主義制度が守られないのか。民主主義制度が守られるにはどのような条件が必要なのか。本研究会では、比較政治学のこれまでの研究の成果、特に合理的選択制度論や歴史的制度論などの制度をめぐる理論を土台にして、新興民主主義の安定、不安定に関するより包括的な理論を提示することを試みる。その上で、導き出された理論を実証的に検証する。

期間

2008年4月 - 2010年2月

主査名

研究会メンバー


研究成果

ミッション区分