skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2009年度

2009年度 研究テーマ:1-08
CLMV諸国における経済統合と産業立地の変化

概要

90年代以降、CLMV諸国はWTO、AFTAに加盟し、国境の障壁を除去し、東アジア経済との統合を進めてきた。他方、国内では市場自由化を進めるとともに、輸送網やインフラ整備によって国内経済の統合が進展してきた。このように重層的な経済統合の進展は、輸送コストの低下や企業、労働力の移動が活発化したことによって引き起こされ、産業立地に対して大きな影響を与えている。1年度は、CLMV諸国並びにタイにおける地域レベルのデータを収集するとともに、分析手法について研究を行う。2年度は、1年度で収集したデータを用いながら、CLMV諸国の産業立地について統計的な検証を試みる。分析によって産業立地の変化やその要因を把握することができ、産業立地政策や地域開発政策に資すると期待される。

期間

2009年4月 - 2011年3月

主査名

研究会メンバー


研究成果

ミッション区分