skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2008年度

2008年度 研究テーマ:4-06
中東における民間企業の成長と課題

概要

本研究会では、中東地域における民間企業部門の発展状況と課題を明らかにする。
かつて中東諸国の多くは公的部門を主体とする経済開発体制にあったため、民間部門の発展は限定的であった。しかしながら1990年代以降、いくつかの国で経済制度改革が進展し、民間部門が経済成長の主たる担い手として期待されるようになっている。そこで本研究会では中東地域のいくつかの経済改革先行国について、民間企業部門の現状と課題を検討する。
民間企業部門の発展には、当該国政府の開発政策・制度が影響を与えると考えられるため、はじめに分析対象国・産業の経済開発政策・制度改革の変遷を概観する。次に、近年公表が進みつつあるミクロデータを利用して、対象とする民間企業部門の現状を明らかにする。以上を合わせ、分析対象とする民間企業部門の発展状況と課題を検討する。

期間

2008年4月 - 2010年3月

主査名

研究会メンバー

土屋 一樹
齋藤 純
岩﨑 葉子
柏木 健一 (筑波大学北アフリカ研究センター 研究員)
岩崎 えり奈 (一橋大学大学院経済学研究科ジュニアフェロー)
長岡 慎介 (京都大学大学院 博士後期課程)

研究成果

ミッション区分