skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2008年度

2008年度 研究テーマ:1-13
障害者の貧困削減:開発途上国の障害者の生計

概要

障害者の権利条約や国連ミレニアム開発目標への障害者のメインストリーミングに見られるように貧困削減のための世界的取り組みの中で、障害者の問題は開発に参加する一員としての障害者の機会平等、権利の問題として認識されてきている。しかし、各国の政策の具体的提案の前提となるデータについては、センサスの中での取り組みも含め、まだ不十分な状況にある。貧困層も多い障害者全般の生活の実態はその生計の様子、就労状況を含め、その実態は詳らかとなっていない。きちんとした障害統計データが多くの国で得られていないためである。従来もソーシャル・ワーク分野からのアプローチはあったが、家計としてのミクロ的な経済メカニズムや支援の効果を推計するのには不十分なものであった。本研究は、これら従来の問題を克服できるデータの構築・分析を目指す。またこのデータによる障害者家計における就業者や貧困状況の把握、および生活実態の把握を行う。

期間

2007年4月 - 2009年3月

主査名

研究会メンバー

森 壮也
山形 辰史
野上 裕生
小林 昌之
東方 孝之
寺本 実
亀井 伸孝 (東京外語大学アジア・アフリカ言語文化研究所研究員)
福田 暁子 (早稲田大学国際コミュニティセンター)

研究成果

ミッション区分