skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2007年度

2007年度 研究テーマ:1-05
インド経済-成長の条件

概要

インドは1980年代から安定した経済成長を維持し、ここ数年は高い成長を遂げている。依然、一人あたりの平均所得は低いものの、世界第2位の人口を持つ巨大な市場として、世界の注目を集めている。果たしてインド経済は現在の好調さを維持することができるのであろうか?

本研究会の目的はインド経済の成長要因を明らかにしたうえで、長期的な観点から見た成長の隘路を分析する。具体的には、農業部門の発展、インフラ整備、人的資本、金融部門、所得格差、貿易、技術革新等の項目を取り上げ、今後も経済成長が持続するための条件を検討する。

期間

2007年4月 - 2008年3月

主査名

小田 尚也 (地域研究センター 専任調査役)

研究会メンバー

伊藤 成朗
井上 武
小田 尚也
久保 研介
湊 一樹
加藤 篤史 (青山学院大学経営学部准教授)
二階堂 有子 (武蔵大学経済学部専任講師)

研究成果

ミッション区分