skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2006年度

2006年度 研究テーマ:4-20
農村開発と農村研究

概要

本研究は、研究所設立当初から地域研究の一つの柱であった「農村研究」の流れを発展的に継承し、これに近年の貧困削減・社会開発の文脈で重視されている「農村開発」の視点を組み込んだ「農村開発総合研究」に着手する基礎的な作業として位置づけられる。本研究では、これまでの途上国農村研究、日本の農村開発研究の成果を踏まえつつ、地域に応じた農村開発のあり方を模索する手がかりとなる研究成果をめざし、農村開発の現場での議論と地域研究の流れを橋渡しすることによって、地域研究の成果を開発の現場にフィードバックする基礎を作ることを目指す。

期間

2005年7月 - 2007年1月

主査名

水野 正己 (日本大学生物資源科学部教授)

研究会メンバー

水野 正己 (日本大学生物資源科学部教授)
佐藤 寛
塩田 光喜
富田 祥之亮 (全国農業改良普及支援協会調査役)
板垣 啓四郎 (東京農業大学国際食料情報学部教授)
池野 雅文 (コーエイ総研研究員)
辰己 佳寿子 (山口大学エクステンションセンター講師)
杉田 映理 (国際協力機構地球環境部)
壽賀 一仁 (日本国際ボランティアセンター)

研究成果

ミッション区分

  • 貧困削減

研究会情報